和菓子の良さを徹底解説!世界の〇〇が注目する最先端スイーツだった

和菓子のアイキャッチ画像です。

皆さんこんにちは!showroomで配信をしている”みきてぃ“です。

このページを読んでいる皆さんは

  • 和菓子はもうオワコン
  • 和菓子はお年寄りのもの
  • 最近の和菓子ってどう?

このようなことを思っていませんか?

実際、60代は和菓子と洋菓子半々程度食べるのに対して、若年層の10代、20代では、和菓子を食べる頻度は洋菓子に比べて約半分の2割程度でしかなく、若年層の和菓子離れが進んでいるようです。

このような背景にはやはり「チョコレートやポテチなど洋菓子の人気」による影響があります。

しかし、最近ではヴィーガンの人たちから注目が集まり世界的にもブームになりつつあります。

なぜなら、 和菓子には動物由来の食品を使用せず植物由来のもので調理されているからです。

最近の和菓子はお洒落で美味しい最先端スイーツになっています。

この記事では、そんな和菓子の魅力について解説しています。

この記事を読むことで、和菓子に対する時代遅れ感がなくなるはずです。

和菓子の栄光は過去のもので悲しい

このように感じている人はぜひ、最後まで読んでみてください。

目次

和菓子とは

10代、20代の和菓子離れは深刻

実際、日本で和菓子は若者離れが進んでおり、かなり深刻な状態です。

日本の文化や伝統に詳しい「Japaaan」では

若年層の10代、20代では、和菓子を食べる頻度は洋菓子に比べて約半分の2割程度

引用元:japaaan url:https://news.line.me/articles/oa-japaaan/cf061bcac4c7

と、あります。

私も家族にお菓子を買う時は、ついついチョコレートやポテチを買ってしまいます。

和菓子が今、世界のヴィーガン達から注目されている訳

世界のヴィーガン達から注目されている訳

今和菓子は、ヴィーガンの人たちから人気が高いです。

理由として、和菓子は動物由来の食品を使用していることが少なく、代わりに食物由来の食品を使用しているからです。

動物性由来の食品の例

  • バター
  • 乳製品

植物由来の食品の例

  • 和豆
  • 上新粉
  • 白玉粉
  • 寒天

動物性の食品を食べられないヴィーガンの方や、アレルギーを持っている方でも食べやすいお菓子です。

今世界から注目を浴びている最先端企業”インポッシブルフーズ”

大豆代替え肉を目指すインポッシブルフーズは、今世界からも注目されており、インポッシブルフーズに似たビヨンドミートという企業では時価総額1兆円とのことでこれからのニュースに目が離せません。

そして、大豆からできた大豆ミートも年々美味しくなってきており、これからますます動物性食品を使っていない食品は注目されていくとのこと。

昔は100%ビーフを食べていた…なんて、時代もやってくるかもしれません。

和菓子の良さ

繊細で美しい見た目

harapecolab

こちらの「harapecolab」では、寒天からできた鉱物のような和菓子が印象的です。鉱物や宝石をイメージした「こうぶつヲカシ」は、石の美しい無機質さが美しく見惚れてしまいそうです。

また、寒天を使用しているので、エッジの効いたデザインでも口の中を切る心配もありません。無造作に散りばめておくとキラキラと綺麗なこと間違いなし!

御菓子丸

こちらの「御菓子丸」の和菓子は、デザイン性がずば抜けていてとにかくお洒落。こちらも、食べるのが勿体なくなってしまうほど美しいです。

実店舗はなく、オンラインストアのみでの販売になります。

Morohoshi Midori

Morohoshi Midori」の和菓子は先入観に囚われれないモダンでお洒落な和菓子です。

季節の花をモチーフにしているそうで、上記二つの和菓子と比べても季節感が強い印象です。

季節感を感じられる

お花見シーズンでは、「桜餅」や「お花見団子」。夏になると「水ようかん」や「葛まんじゅう」など、洋菓子と比べても季節感を強く感じられます。

また、秋には「栗きんとん」や「おはぎ」。冬には、「柚餅」や「花びら餅」など、日本の四季を意識して作られているので、その季節にあったプレゼントをしても相手の方から喜ばれます。

美容にも効果的

和菓子には動物性の食品(バター・クリーム・卵)を使わず、植物性食品を使うので、脂質が低く脂肪になりにくい傾向があります。

また、小豆や寒天は植物繊維も豊富に含まれていることから、血糖値を下げ満腹感を得られやすく食べ過ぎを防止できます。

他にも、植物繊維には体内の毒素を排出してくれる役割があるので便秘解消にもなり、美容と健康にも効果が期待できます。

しかし、脂質が低い分糖質が高いので、食べ過ぎには注意が必要です。

あんこにも使用される小豆はスーパーパワーを持っていることでも知られ、植物繊維が豊富なことから便秘・糖尿病・大腸癌の予防にもなると言われています。

特に寒天は、食物繊維が多くノンカロリーなのでダイエットにも効果が期待できます。

まとめ

和菓子は日本が世界に誇るお菓子ですが、若者離れが進んでいるのが現状です。

しかし、和菓子の技術はどんどん進歩し、芸術レベルにまでになっています。

また、環境問題が社会的に取り上げられている中、動物性の食品を使わない和菓子は環境面でも優しく、世界の人からも見直されています。

繊細で華やかな見た目と、美容にも効果が期待でき季節ごとの手土産にも喜んで頂けそうです。

少しでも参考に慣れれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも香川の生粋の讃岐人元インドア派夫婦。
読んでくださるあなたが一緒にお出かけしている気持ちになってもらえたり、大切な人と「ここに行きたい!」と思ってもらえるような記事やお得な情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる