とらまる公園の大きな遊具は家族連れで楽しめる!

家族でとらまる公園に行ってきました。

とらまる公園は人形劇は勿論、体育館にテニスコート、グラウンドなど家族で色んな遊びができる大きな公園でした。

2歳の息子、ゆづてぃも元気いっぱい楽しめたみたい。

公園なのでお金をかけることなく体を全力で動かせるのは良いですよね。

ということで、画像と共に遊具など紹介していきます!

※12月29日に行ってきたのですが、人形劇やミニチュア館は来年まで閉まっていたのでまた、遊びに行ってみたいと思います。

 

目次

とらまる公園に行ってきた!

ここからはとらまる公園に実際に行ってみた感想を画像と共にご紹介していきます。

 

とらまる人形劇ミュージアム

 

車を降りるとすぐ目に付くのが「とらまる人形劇ミュージアム」です。しかし残念ながら、とらまる公園にある施設は来年まで閉まってしまっていました。

建物自体は綺麗で最近まで流行っていたんだな〜と感じました。

 

噴水

 

こちらは噴水です。

水は綺麗で透き通っておりゆらめく水面を見るだけで癒されます。

 

塔の内部

 

こちらは、先ほどの噴水の画像の奥にあった塔の内部です。

 

 

このように2階3階に行くことができます。

 

 

ここが3階。特にこれといったものがあるわけではありませんが、奥のテラスからとらまる公園を眺めることができます。

 

塔の3階からの風景

 

そして、その眺めがこちら。子どもも大はしゃぎでした。

 

 

下にある砂場からぱしゃり!

 

メイン遊具

 

こちらは、とらまる人形劇ミュージアムのすぐ横にあるとらまる公園の中でも一番大きいメインの遊具です。

様々な形の滑り台やトンネルなど、色んな遊びができます。

 

ブランコとりんごの休憩場

 

ぶらんこと奥には可愛いりんごちゃんの休憩場。

 

遊具2

 

この上に立つとバネがバインバインと跳ねます。子どものバランス感覚が養えそうです。

 

小さいお家

 

こちらは可愛い小さいお家です。

 

かっこいい木の階段

 

メインの遊具がある場所から少し奥に進むとこのように木でできたかっこいい階段があります。

その階段を下るとまた新しいアスレチックな遊具たちを発見!

 

遊具3:アスレチックな遊具

 

丸太で作られたボコボコした坂道や、奥にはロープと滑り台が合体した楽しそうな遊具。さらに奥には謎の遊具もありましたが、遊び方は不明w

 

 

一生懸命に渡る2歳児息子!

 

 

ロープを登って滑り台を楽しむゆづてぃ!

 

 

いちばん手前にあるのが謎の遊具。

 

 

そこからは、山や池が見える絶景です。

 

 

更に下にもたくさんの遊具があるみたいですが、ゆづてぃが他の場所に興味を示しこの先は次の機会に。僕は、ちょっと気になるな。

 

 

少し戻ると、このようなお洒落な渡り橋がありました。木で作られててゆづてぃも僕も興味津々。

 

 

かなりしっかりした作りで変な音がなるわけでもなく普通に渡れます。

 

 

お洒落だったので渡り切ったところからもパシャリ!

 

遊具4:汽車の遊具

 

お洒落な汽車の遊具を発見です。息子は汽車や電車が大好きなので大興奮してました。

 

大きな体育館

 

ここは手袋体育館です。撮影時では閉まっていましたが、次は中に入ってみたい。

 

芝生広場

 

芝生でできたかなり広い広場です。カップルが寄り添って座っていたり、ボールで遊んでいたり人それぞれ楽しんでいました。

 

色々なオブジェ

 

この他にも、奇妙なオブジェがたくさんありました。

 

とらまる図書館

 

図書館もありましたが中には何もなく、入れる感じはしませんでした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生まれも育ちも香川の生粋の讃岐人元インドア派夫婦。
読んでくださるあなたが一緒にお出かけしている気持ちになってもらえたり、大切な人と「ここに行きたい!」と思ってもらえるような記事やお得な情報を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる